事故体験を聞いて分かった!どんな車にもドライブレコーダーって あった方が良いんじゃないか(^^)/

たとえば バイクに乗車中であっても
トラックに衝突されて大けがをされた人もいるようです。
(@tenchan18)

ある方の事故体験では
脳挫傷で約1か月間意識不明だったそうです。

そんな人が奇跡的に意識を回復したときに保
険会社に言われたのが自賠責保険金の重過失減額
(9割以上の過失があると判断されて後遺障害保険金が5割減額されたそうです) 
証拠が無いので重大な過失があると言われたようです。

実は 
過失責任があったとみられた事故は細い路地から
一方的に飛び出したことになっていたからなんですね。

事故時の記憶が無かったし 
さらに半身麻痺という重い障害が残ったので
真実追求もできなかったんだそうです。

でも 
その路地は全く通る必要のない道だったし 
通勤路からも外れていたんです。

『絶対に自分はこの道を走っていないはず』

そう確信していたため事故車の痕跡などを
検証して幹線道路を直進していたことが
裏付けたられそうです。

そして 
事故から5年も掛かったんですが 
加害者は起訴されて刑事裁判の中で
ついに自らのウソの証言を認めたんだとか。

そんなことで 
自賠責保険も査定の誤りが認められて
保険金を全額支払われることになったそうです。

そんな事故例もあるので 
バイクにもドライブレコーダーは
装着した方が良さそうです。

 ドライブレコーダー ランキング

では 
ドライブレコーダーを選ぶポイントとは・・・

そんな事故例から見るとドライブレコーダーを
購入する時のポイントとしては?

第一のポイントとしては

性能の面で絶対に妥協できないのが 
「画質のよさ」
ですね。

装着していても 
車のナンバーが読み取れないと意味がないので 
この点が重要なポイントだって思いますね。

記録が残っていても 
画像が鮮明でないとナンバーも
良く分からないってこともありますからね。

最低でも 
スペック的に200万画素以上で 
解像度としては「フルHD」と

表記されているものがおすすめですね(^^♪

 

さらには 
明るさの急変に強いかどうか?
ってこともポイントですね。

たとえば 
逆光やトンネルの中や夜でも
鮮明に映るか?ってことです。

何故なら 
こういったシーンは危険度が
増すので備えが必要だからですね。

 

次のポイントとしては 
「画角の広さ」ですね。

事故は前だけでなく
横から起こることもよくありますから 
画角は広い方が安心ですね。

最近は「水平画角」が160度といった商品も出ていますし 
360度というものもあります。

最終的に 
ドライブレコーダーの普及が拡大して 
他人の車をあおるような悪質運転の抑止に

つながれば嬉しいですね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です