東名高速道路でのトラブルと死亡事故のニュースを見て 乗っている軽自動車の制限速度が気になりますね!?

東名高速道路の事件以来
思い出されるのが「あおり運転」ですね。

わたしは
軽自動車なのであおられやすいかと思いますが
一番左側の走行車線で80㎞で走っているので
そう言った怖い体験は無いです。

でも
こんな事件を見ると心配になってしまいますね。

今まで
高速道路の速度制限は軽自動車と普通自動車で違う
というような話を聞いたことはなかったんですが。

実際は
如何なのか気になって調べてみました。

車種や条件などによっても
制限速度が変わることもあるのかなぁって
思っていたんですけど。

そこで
高速道路の制限速度と車種別の制限速度や
通行区分について調べてみることにしました。

高速道路の種類と速度制限について

一般的に高速道路を制度からみて分けると
建設主体や運営の方法、目的などによって
様々な種類に分かれているようです。

ちなみに
高速道路とはどのような道路なのかというと・・・

普通に考えた高速道路って言うと
高速自動車国道ですよね。

でも
正式には営業路線名で「高速道路」と名前が付いているのは
東名高速道路、新東名高速道路、名神高速道路、新名神高速道路だけなんです。

他は「○○自動車道」と呼ばれていますからね。

でも
同じ種類の道路ですよね。

なので
一般的には条件や速度制限がなければ
速度制限は100km/hなんだそうです。

そして
普通自動車と軽自動車で区別されるのは
自動車の登録や届出に関係のある道路運送車両法という
別の法律での区分らしいので
軽自動車でも特に制限がなければ
最高速度が100km/hだそうです(^^)/

最近は
来るまで規制することもあまりないですが
余計なトラブルに巻き込まれたくないので
ドライブレコーダーを付けて
一番左側の車線を走るのが一番ですよね(^^)/

 

ドライブレコーダー売れ筋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です