災害時には即席のランタンに!? 油汚れ掃除や炊飯にも使える“レジ袋”のいろいろ活用術

先日も記載したんですが
レジ袋の活用法の続きです。
(@tenchan18)

それは
レジ袋の特性を利用した方法です。

ネットで災害時の便利グッズが乗っていたので 
試してみることにしました。

レジ袋って 
使いようによっては即席のランタン⁉とか
油汚れ掃除や炊飯にも使えるそうです。

それ以外でも 
色々な利用法があるんですね(@_@。
 

今回は
静電気の力で床掃除を
する方法を試してみました!

実は 
9月5日放送の「あさイチ」(NHK系)でみたんですが
 “レジ袋”に関する様々な“スゴ技”が紹介されていました。

例えば 
油汚れの掃除もスーパーなどで貰える
レジ袋で簡単にこなしてました。

ちなみに 
生鮮食品を入れる
ポリ袋でも大丈夫だそうです。

レジ袋の原料・ポリエチレンって言うのは 
油と構造が似ているから油汚れと
結びついて汚れが取れるようです。

そう言えば 
油汚れの部分にレジ袋を当てると
油が付着し簡単に取れたような記憶があります。

スポンジやふきんとは違うので 
そのまま使い捨て出来るのもメリットですね。

他の利用法としては 
レジ袋でスナック菓子やドーナッツで
べたついた手を拭くときにも効果があるんだそうです。

何しろティッシュよりもさっぱりとふき取ることが
出来るって言ってましたね。

そして 
フローリングやカーペットを掃除する時は
袋で手袋のように手を覆い床を擦ってみることに。

不思議なことに 
静電気の力でほこりが集まってくるので 
最後に塊を捨てれば掃除完了です。

改めて 
静電気でほこり取るって
かなり威力があるって
感心しちゃいますね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です