糖や脂質そしてタンパク質の代謝を補助するナイアシンってあるんですが その効果は如何なんでしょう?

実は ナイアシンって言うのは 
ビタミンB3とも呼ばれている物質なんだそうです。
(@tenchan18)

これは 
糖質や脂質、そしてタンパク質が
代謝されるのに必要不可欠な補酵素だとか。

ナイアシンは熱にも酸化にも強い栄養素なので 
様々な調理法方にも応用できるんだそうですね。

さらに 
中性脂肪を減らすことにもつながりますので 
不足することの無いようにきちんと摂取することが必要です。

そこで ナイアシンが多く含まれている食材を調べてみると
たらこ、まぐろ、かつお、イワシ、レバー、鶏のササミ、鶏の胸肉、サバ、
かじき、サンマ、トロ、ツナ缶、さわら、ブリ、舞茸などがあります。

特に 
まぐろやカツオ、イワシなどの青魚に多く含まれていますので 
積極的に食べるようにすることがオススメなんですね。

 

また 
野菜やきのこなどで摂取したい場合は
舞茸が良いと言われています。

糖質を代謝する食材を紹介しましたけど 
食べた糖質の吸収を穏やかにする食材もありますから 
参考にして食べてみることもおススメします。

 

たっぷりの野菜成分を摂取すれば 
食事の脂肪や糖の吸収を抑えて
食後の中性脂肪や血糖値の急激な上昇を抑えられますよ(^^♪



参考:難消化性デキストリン配合によって
食物繊維をぎゅっと凝縮されているので 
消化も促進されますよ。

 

結局 
糖質制限が何故?ダイエットにつながるのか 
その理由は?

ブドウ糖って 
大半が肝臓と筋肉に蓄えられますが 
余ったものが脂肪に変わって残ります。

でも 
なかなか新たな糖質を摂取できないでいると 
この蓄えられている脂肪からエネルギーが
作られるようになるからなんですね。

なので 
食事で糖質を制限する他に 
体外へ排出しやすくするために
食物繊維をたっぷりと摂取することで 
エネルギーを消費するために
運動をすることが重要なポイントのようです。

食物繊維は 
糖質を吸着するとともに 
腸内で余分な脂肪を吸着します

糖質と脂肪を一緒に便として排出する働きを持っているので 
ダイエットでは非常に重要なポイントだって
考えても良さそうですね。

結論としては 
ダイエットを目的とした食事には 
糖質の排出と代謝の両方に留意する
ことが大切なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です