免停にもいろいろあって 処分が軽いと1日免停ってこともあるようで その対処方法は・・・

実は
知り合いで免停になってしまった知人がいます。
(@tenchan18)

 

免停期間30日なんだそうです。

 

でも
今の免許書制度では
講習を受けて成績がいいと
29日免停期間が短縮されるそうですね。

 

その免許証が返ってくるまでの工程は・・・と言うと。

 

簡単に言うと
免停になる日に講習を受けて29日短縮できるますので
次の日からは運転していいというってって言ってましたが??

興味があったので確認してみることにしました。

ちなみに
30日間の短期免停って
一番軽い免許停止処分なんだそうです。

 

なので
通知で指定された出頭先に出頭して
そこで免許証を預けてから
免停処分は始まるんです。

 

もちろん
車で出かけないようにしましょうね(^_-)-☆

 

30日免停の場合は
そのまま出頭先で夕方までの時間の間
停止処分者講習を受けることができるとか
(受けずに帰る事もできるようですが)。

 

そこで
その効果はって言うと

 

この講習を受けると
免停期間が29日間短縮されます。

つまり
免停はその日だけになって
帰り際に裏面に当日が免停である旨が記載された
免許証を返されるんだそうです。

 

なので
翌日から車を運転することができるってことですね。

 

ただし
日付が変わるまでは免停なので
帰りに車を運転すれば無免許運転になっちゃいますね(^^♪

 

その講習の内容ですが
30日免停の停止処分者講習では一応テストのようなものは行われますけど
基本的に「不合格」となることはなくて
全員が29日短縮になるとか。

 

もちろん
居眠りしていたり暴れたりすれば会場から追い出されますから
講習を終了しなかったことになって預けた免許は
30日経つまで返ってこないようですから
しっかりと講習を受けましょうね(^^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です