バスタオルが臭い その理由が分かればバスタオルほど使い勝手の良いものはありませんよ(^_-)-☆

臭くしない方法は
使い方や洗濯から干すまでの注意すれば解決できますよ(^^♪
(@tenchan18)

バスタオルを臭くしない方法って言うと

使用後も洗濯後も
「なるべくはやく乾かすこと」
絶対条件ですね。

洗濯物を室内干しする時の注意と同じことなんです。


または
粉末洗剤での洗濯、塩化ベンザルコニウム溶液に
漬ける
などの方法もあるんです。

では
洗ったのに臭うバスタオルの
正しい洗濯法を紹介します。

 

bathtaole001
最近 ネットで話題になっているのが
手に取ったバスタオルから雑巾臭がする(-_-)

たくさんの家庭でも問題になっているようです。

その悩みを解消させた方法なので
良かったら参考にしてください。
バスタオルが臭くなる理由から考えてみると

身体も頭も洗ってサッパリして
体を拭くのにバスタオルって必須ですよね。

でも
手に取ったバスタオルを身体に巻き付けるや
否や雑巾臭がしたら使いたくないですよね( ;∀;)

では たくさんある洗濯物の中で「バスタオル」って
とりわけ臭くなりやすいのは何故なんでしょう?

衛生微生物研究センターによると
使用直後のバスタオルって身体由来の細菌が1枚あたり
「数十~数百個」付くそうです。

この数自体であれば
そう多いわけではないそうです。

でも
このバスタオルを洗濯せず3日使い続ければ
当然 細菌数が「数万~数億個」にも激増します。

この激増した細菌によって
雑巾臭さの不快さだけでなく皮膚炎や体臭の発生が
心配になりますよね。

なので
まず この細菌の増殖を防ぐために
水分と栄養を断つことです。

バスタオルって
通常は入浴後の身体や髪の毛の水分を拭くのが
役割ですから 使えば必ず水分が付きます。

それに
栄養(汚れ、汗や垢など)のほうも
使用した「パンツ」や「靴下」などとは
度合いに違いはあっても
付着しないってことはありません。

なので
見た目に汚れていないと思っても
使用後は速やかに乾かすことが必要なんです。

それを
怠ると中途半端に水分が残って臭いや
雑菌が発生し易くなるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です