換気扇フィルターの掃除方法を調べてみたら あまりの簡単さにびっくりです(@_@)

その方法はって言うと

あるTwitterユーザーが勧める
換気扇フィルターの掃除法なんですが・・・
(@tenchan18)

フィルターは絶対にぬらさないことなんだそうです。

ではどうやって掃除するかって言うと
単に重曹をたっぷりかけて3時間放置するだけ・・・

その後 ブラシでこすれば
洗剤を使ったかのように汚れが落ちるそうです。

これなら 洗剤も使わないし換気扇フィルターが
ピカピカになっちゃうなら 掃除も楽ちんですね!

今日は時間が無いので
できないんですが暇がある時に
試してみようかなって思ってます。

今まで
換気扇の掃除には洗剤を使って
ゴシゴシと洗い落としてましたからね。

こんなことで綺麗になっちゃうなら
今までの苦労は何だったんだろうって
感じちゃいますよね。

 

手順をおさらいすると

絶対にフィルターを濡らさないこと。

そして
乾いた状態のフィルターに
重曹をたっぷりと振り掛ける。

さらに 待つこと…三時間します。

その後 ブラシで擦るだけ。

これで完了。

あまりに簡単すぎません(-_-;)

普段なら 換気扇フィルターって
気軽に掃除できないので汚れたなぁって
思ったときに外すとその汚れ具合に驚きますよね。

しかも 油やホコリでギトギトになった
換気扇フィルターの汚れはとても
頑固で落ちにくかったです。

なので 調べてもほとんどの人がつけ置きをするとか
こすり洗いで換気扇フィルターを掃除してますよね。

なので フィルターの汚れが落ちるなんて
思わないんですけどね?
そこで
不思議に思うことを調べてみました。
濡らして掃除するのは絶対ダメな理由は?

換気扇フィルターの汚れのメインは油ですから
濡らすことにより油が乳化するため
余計ベタベタギトギトになってしまうからだそうです。

なので
濡れたままこすると他の綺麗な個所まで
汚れが飛び散るからだそうです。
そのため
換気扇フィルターに重曹をたっぷりかけて
3時間放置することだとか。

その後
ブラシ等で擦ると
洗剤を使ったかのように
汚れがごっそり落ちるとか。

ただし
ブラシは硬すぎないものが
オススメだそうです。

重曹は
どこでも売っているものでOKなんだとか。

 

さっそく 週末に試してみます(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です