クロネコヤマトの宅急便 再配達をされにくい方法あるんですね!

クロネコヤマトの宅急便 再配達されない方法あるようです?
(@tenchan18)

今回は 再配達を避けるためになんかよい方法が
無いかを調べてみました。

それには 方法が二つあるようです。
(他にもあるかもしれませんが)

一つは ヤマト運輸が提供する「Myカレンダーサービス」
して 曜日によって配達時間を指定する方法があるんです。

なので 仕事帰りが遅くなりそうな日は帰宅時間に合わせて
送らせるとか?できるんです。

つまり 事前に荷物を受け取りやすい時間帯を曜日ごとに
あらかじめ登録しておくことによって その時間帯に優先的に
配送してくれるサービスを利用する方法です。

具体的には 曜日ごとに受け取りたい時間帯をチェックしておいて
その時間帯に優先的に届くよう配送計画を立てて貰い
配送予定日時をメールで配信してもらうんです。

さらに
予定が変わった場合にはメールに書かれたURLから
変更できるようになっています。

そのサービスを利用するためには
以下の準備をすればOKなんです。

まず
会員制サービス「クロネコメンバーズ」に登録します。

そして 荷物の配送予定をメールで知らせる
「宅急便e-お知らせシリーズ」にも登録すすだけです。

そうすれば 再配達を減らせるかもしれないですね。

二つ目は スマートフォンアプリ LINEを利用する方法です。

手順としては
「ヤマト運輸 LINE公式アカウント」と友だちになって
クロネコIDを連携するだけなんです。

そうすると お荷物のお届け予定やご不在連絡を
LINEで通知されちゃいます。

つまり LINE上で「お届け予定eメール」と
「ご不在連絡eメール」の通知が届きますので
メッセージの内容を確認して受取日時の変更やコンビニ等
での受け取りに変更すれば再配達されなくなりますね。

会話形式で受取日時を変更できるので
分かりやすいんじゃないでしょうか。

では その登録方法ですが とっても簡単です。

画面に指示された手順に薦めれば OKですね。

 

 

 

 

 

 

LINEのトーク上で会話形式でお荷物の受取日時を
変更することができます。

さらに お荷物の送り状を発行予約もできます。

LINEアプリでお届け先等の情報を入力して発行予約をするでけです。

まず 「ヤマト運輸 LINE公式アカウント」のトーク画面内
メニューの「送り状発行」ボタンを押下します。

送り状情報入力画面にてお届け先等の必要情報を入力すれば
二次元コードが表示されます。

その後 この二次元コードを持って
ヤマト運輸の営業所などに設置している店頭端末
「ネコピット」を利用すれば印字した送り状を簡単に
発行することができますよ(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です