ゴシゴシ洗うと 細胞間脂質や天然保湿因子を減らし 皮膚に 白い粉吹く「乾燥肌」に・・・

最近は 男性専用のボディークリームの種類も品揃えも
たくさんあります。(@tenchan18)

保湿目的だけ以外でも植物や果物の華やかな香りのする
クリームもあります。

そんなクリームを使用すれば肌ツヤの改善の他に
香りによって周囲に若々しく印象付けることも
できますよね。

女性って やっぱり見た目も気になるので
肌の奇麗な男性を好みますよね。

なので パートナーに不快な思いをさせないためにも
入浴法を改善して男も美肌に努めましょう。

 

そんな男性は 女性同様に「乾燥肌」に気を付けましょう。

カサついた肌って 見た目が悪いし かゆみからイライラが
募って 思わぬ対人トラブルを招いたり 集中力が落ちて
日常生活に支障を来すなんてこともありますからね。

いつもは セラミドなどの細胞間脂質と天然保湿因子といった
成分が肌の水分を保って 皮脂と汗が入り混じり皮膚の表面に
膜を張って潤いを保っています。

でも 寒くなると汗をかかなくなることに加えて
空気が乾燥すると肌は潤いを失う
んですね。

その状態「乾皮症」と呼ぶそうです。

特に 乾皮症を来しやすいのは 肘から下の部分や
二の腕にすねといった皮脂が少ない部位だそうです。

カサカサするだけでなく ひどいときには白く粉を
吹いたようになることもあるとか。

乾皮症になると 皮膚のバリアー機能が衰えるので衣類が
触れたりこすれたりなどは 通常なら気にならない軽微な
刺激にも反応してかゆみを感じるようになるんです。

我慢できずに掻くと赤みやブツブツになって
いわゆる乾燥性皮膚炎になってしまいます。

そんな状態になれば 余計にかゆみが生じて 掻くことで
更に皮疹が悪化するので悪循環に陥ります。

 

対策としては

栄養のバランスのいい食事を摂ること

適度な運動を行い発汗すること

で 肌に潤いが与えられます。

 

それ以外 気をつけたいのは 入り方にですね。

熱い風呂はNGです。

さらに 体を洗うときには石鹸のたっぷりついたナイロンタオル
を使ってゴシゴシ洗うのもNGです。

その理由は 皮膚の脂を剥がして 肌バリアーをわざわざ
壊す
ようなものです。

その結果 体がかゆくなるんだとか。

 

入浴後は 保湿クリームを塗ると思いますけど 体の水分を
全て拭き取らずに全身に塗ると更に効果的
なんだそうです。

水分が残っている肌にボディークリームを塗れば ボディー
クリームが水分を逃さない
ので 肌に潤いを閉じ込めてくれる
からだそうです。
また この時期って温かい温泉に入りたいですよね。

そんな時は 湯質の選び方にも注意が必要で 脂を取る効果の
ある硫黄泉は乾燥がひどい時には入浴しない
方が無難と
言われています。

そして 入浴後には保湿クリームなどを使用して
皮膚の潤いを保つことが肝心なようです(^^)/

保湿を考えたスキンケアとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です