消費税が8%になるので 中国版のマイクロソフトオフィス2013は安くて良いですよ!

私の場合 メールはヤフー、Gメールしか使わないので 自分の必要なWord/Excel/PowerPointのみが有らばよかったんですね。

ということで Amazonでそれだけがパッケージされているこの商品を見つけた時は あまりの安さに驚いてしまいました。

もう 来月から消費税も上がりますからね。

よく見ると 中国で販売しているマイクロソフト製品なので大丈夫かなって気になったんですけど 色々なレビューを見てみると普通に使えるって事だったので購入してみました。

なにしろ 日本版の40%ぐらいの値段で利用できるんですからね。

勿論 マイクロソフトの正規品ではありますしね。

ただ 今回インストールしてみて経験した内容には 様々な問題があるようで その正規品の定義にもいろいろあるんだなって実感しました。

具体的んは これって「Microsoft Japan(日本マイクロソフト)」が販売している商品ではないって事です。

なので 日本マイクロソフトからのカスタマーサポートは一切受けられないって事です。

認証時 電話してみると日本マイクロソフトのサポートデスクの方から言われたんです。

でも 同封されていた手順書の要領でインストールを進めると 「Office.com の無料のヘルプおよびオンラインサービス」が受けられるとありますので ここからのヘルプは受けられるようです。

なので そのサイトを見てみると どうみても 日本語のサイトで正式なOfficeのサイトだし インストールされたソフトもMicrosoft Japanの試用版のWord/Excel/PowerPointと全く同じに見えますので、どうしてこれがMicrosoft Japanと無関係なのか理解に苦しむところですけどね。

今のところ インストールもインストール後の使用にも問題ありません。

なので 私のような不必要なものが入った高額なパッケージを購入する必要が無いって人には おすすめだと思います。

ただし マイクロソフトの正規品ではあっても、日本マイクロソフトの正規品ではないので 日本マイクロソフトのサポートは受けることは出来ないって思っておいたほうが良いですね。

 

 

更には セキュリティーソフトも 格安のがありますね。

こちらは日本製です。

私の周りんでも たくさんの方が利用していますね。

特に 初心者の方には 更新作業をしなくて済むので好評なようです。

なので 特にこれって言うこだわりがなくて 取りあえずセキュリティソフトを入れておかなくちゃっていう人にはお勧めですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です