最近 iphoneをios7.1にアップデート

最近 iphoneをios7.1にアップデートしたんですけど・・・

 

iOS 7.1にしたら充電できなくなる場合があるって そんな話を聞いたんですけどね本当なんだろうか?

って言うことで ちょっと調べてみました。

iOS 7.1にアップデートしたところ 一部のサードパーティー製Lightningケーブルを利用しても充電できないっていう現象が報告されているんだそうです。

その一方で まったく支障ない商品もあるんだとか その違いって如何なんだろうかって気になっています。

それって 商品の当たり外れって言うか ケース・バイ・ケースなんでしょうか?

それで もっと詳しく調べてみると こんなことが起きる原因のひとつには Appleが運営するiPhone対応周辺機器の認証制度「Made for iPhone(MFi)ライセンスプログラム」に対応していないこともその要素の一つなんだそうです。

なので Lightningケーブルを接続したとき「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため……」というダイアログが表示されたとしたら、そのケーブルにMFiロゴが付いていたかどうか確認した方が良いんですって。

MFiに参加しているってことは 外部企業ではアクセスできない開発情報を早い段階で入手することができ、メーカーにとっては迅速な製品化というメリットがあり 発売前にはAppleによる入念な審査を受けるようになるんだそうですが 逆に言うと 消費者にとってはあんしんしてりようできるってことになるのでメリットですよね。

なので MFi認証付きのLightningケーブルで充電できなくなったという時には そのメーカーまたは代理店に問い合わせてみると明確な返答がもらえるんじゃないでしょうか?

何故かって言うと Appleの審査を含め、iPhoneでの動作確認がしっかりと行われているので しっかりとした対応をしてもらえるはずですからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です