紫外線と言うのは 肌の大敵って言われてますけど…

適度な紫外線は必要なんですね。

その理由はって言うと

聞いたことがあると思いますけど 重要な役割があるんですね。

何かと言うと 朝一番に太陽の光を浴びると良いって言われていますよね。

そうなんです、日差しを浴びることによって 体内時計がリセットされるので 自律神経の働きを整えることができるからなんですね。

それに 紫外線は「ビタミンD」の生成にも役立っているんです。

ビタミンDというのは カルシウムやリンの吸収を促進して骨が強くなるという効果があるんですね。

なので 女性にとっては大事なことですね。

特に 妊娠中や授乳期には欠かせない要素じゃないでしょうか。

その他には 食材として ウナギ・さば・しいたけなどがビタミンDの多く含まれているんですね。

なので もし都合がつかなくて 日に当たらない日が続くようであれば 食材から摂取する事も重要なんですね。

その日照時間はって言うと 1日15分ほど日光に当たれば良いそうです。

それによって 体内でのビタミンDが生成され 丈夫な体を維持できるんですね。

もちろん 妊娠中であれば子供にも必要なものですね。

そして 火にあたり過ぎた場合は ケアが必要ですよね。

私の場合は アンプルールを利用しています。

シワ・たるみ・ゆるみ毛穴対策キット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です