もう 季節は過ぎましたけど 秋に咳や鼻水に悩まされるのは・・・

1枚の布団に数万から数十万匹… 秋に増えるダニの死骸や糞が及ぼす病気

そして 冬にも・・・

 

毎年思うんですけど 秋になると 何かしらアレルギー性喘息や頭痛にに悩まされる人が多いような感じがするんですけどね。

それに さわやかな秋風に当たって良い気分に浸っていたら やけに目鼻が痒いという経験をしている人も私を含めて多いようです。

ということで 良く調べてみおると秋っていうのは アレルギーの多い季節なんですね。

で 調べてみると「花粉」と「ダニの死骸」などが原因なんですね。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりの他に、ノドのかゆみや咳、気管支の炎症を起こす。もともとアレルギー性皮膚炎の人は悪化の要因にもなり、専門家は要注意という。

ちなみに 秋の花粉症というのは 春の花粉症の元がスギ・ヒノキといった樹木の花粉であるのと違うようで 身近な草木(ヨモギ、ブタクサ、カモガヤなど)の影響が大きいんだとか。

しかし 実際には それよりも深刻で厄介だと言われているのが ダニの死骸と糞(ふん)などの浮遊物によるアレルギー反応なんだとか。

聞いた話によると

「10月に入ると、夏に大量繁殖した家庭内のダニの寿命が終わって、ダニの死骸や糞などの“ハウスダスト”が他の季節より増えるのです。秋晴れの日には、窓を開けて、ダニ糞などを一掃するお掃除を徹底しましょう」

って言うことらしいですね。

 

子供のアレルギー対策には ふとんダニクリーナーが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です