俗にいう 界面活性剤ってどんな効果があるのかって言うと

界面活性剤の役割って何だろう・・・

 

一般的に知られているのは 化粧品や・シャンプーなどを作るために使用されている成分です。

そもそも 界面活性剤の役割って言うと 化粧品やシャンプーに配合されている「水分」と「油」と言う普段では分離してしまう成分の両方を結合させるため役割を持っているだそうです。

この性質を利用して 多くの化粧品やシャンプーなどが作られているんだそうです。

 

ちなみに 界面活性剤を化粧品に入れる目的としては 下記の二つが考えれられます。

洗浄剤としての目的:(代表的な商品)シャンプー、洗顔料、メイククレンジング等

乳化剤としての目的:(代表的な商品)リンス、クリーム、乳液等

 

1つ目は シャンプーのように汚れを落とす為に 洗浄剤の目的で使います。

例えば 台所洗剤や洗濯用の洗剤も、界面活性剤の力によって汚れを落としますよね。

 

もう1つは 乳液やクリームのように「水と油」を混ぜ合わせる為に 乳化剤の役割として使われますよね。

ただし 市販の洗浄剤は大量に石油系の界面活性剤を使用しているので注意が必要ですね。

なので わたしは馬油配合のシャンプーを使用してます。

詳しい 理由はこちらから↓

リマーユシャンプーの詳しい使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です