お参りの方法がいつも気になっているので 正式にはどんな方法

私もうすうす感じていたんですが 『おせち』っていうのは年神様へ供えてから いただくものって言うものらしいので 神様とともに新年を祝い 力を授かると言う意味をもっているそうです。

そんな意味でも、おせち料理を戴いた後には神社にお参りに行ってます。

ところで お参りの方法がいつも気になっているので 正式にはどんな方法なのか 調べてみました。

 

1 手水舎で手と口を清めます。

ということで まずは 右手でひしゃくに水を汲んで左手を洗ってから ひしゃくを持ち替えて右手を洗います。

まぁ、洗うって言っても すすぐ程度で 清めるって事になるんでしょうけど

そして 再度 左手で水を受けて口をすすいでから 左手を清めるのが清めの儀式のようですね。

手水舎で手と口を清める。まず、右手でひしゃくに水を汲んで左手を洗い、ひしゃくを持ち替えて右手を洗う。次に左手で水を受けて口をすすぎ、左手を清める。

2 神殿の前に進ん まずは 一礼して賽銭を奉納して 鈴を鳴らします。

 

3 ついで 背筋を伸ばしたまま2回 深くお辞儀をします。

 

4 最後に 胸の位置で パンパンと2回 手を打ったのち 祈念してから 最後に深く一礼します。

 

こんな感じで 毎年お参りに行ってますね。

私が 両親に倣ってお参りしている方法とほぼ同じでしたので 神様にも失礼が無かったようで良かったです。

 

あとは お節って言っても 正月は子連れの家族が集まるので 毎年 すき焼きなんかを 好んで食べてますね。

 

最近は 私が頼まれるので 通販の『松坂牛 やまと』に注文することが多いですね。

 

値段に比較しても 美味しくて割安感がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です