陸上養殖で 生産されるフグがあるんだそうです

この季節 寒い冬になるとふぐって美味しいですよね。

でも、ふぐは毒があるからって躊躇している人には関係ないかもね。

私が聞いたところによると ふぐの毒って言うのは育った環境によって後から毒を体内に持つようになるんだとか。

つまり、外敵(人間?)から身を守るために 毒を持つようになったとか 確かに江戸時代まではふぐを食べないように警鐘されていたらしいですね。

ちなみに現在では、養殖のふぐが良く出回っていてるのでその危険が無いふぐもあるようですね。

海洋養殖では 毒のあるふぐになるようです。

最近は 温泉水や 人工海水などで 陸上養殖で 生産されるふぐがあるんだそうです。

この場合は 有毒プランクトンを取り込むことがないので、ふぐには毒がないと言われています。

そんな ふぐなら美味しくいただけますよね。

ちなみに こちらの美食市では 本場、下関のふぐですので とってもおいしく食べられる工夫をして出荷しているそうです。

家族がたくさん集まる記念日や年末年始に 家族みんなで食べるとより美味しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です