脳をだますことって 出来るの その5

1日を長くする5つの方法

脳について知るのも楽しいですね。

これを、どうやって実生活に生かすことが出来ればね・・・

どうやるかって言うと 脳に新しい情報を与えるほど、処理に要する時間が長くなり、時間がゆっくり流れていると感じるようになるって ことはわかったんですね。

具体的には、如何するのかなって思うですけど

3番目としては、 新しい人に会うことが効果ありなんだとか。

普通に考えると、 殆んどの人は 人づきあいに大量のエネルギーを費や酢のが正常です。

特に まったく知らに人に合うときは 警戒心って訳ではないでしょうが かなりの精神的なエネルギーを消費していると思って良いんじゃないでしょうか。

なので、新しい人との出会いは、脳にとっての良いトレーニングになりますよね。

ということで、初めて会う人とのやりとりでは、名前、声、アクセント、顔の特徴、ボディランゲージといった多くの新しい情報を処理し、理解するって事が必要なので 脳はかなり活性化するでしょう。

4番目としては、 新しい活動にチャレンジすることなんだとか。

なんとなく理解できますね。要するに 初めて経験する時には、かなり脳は活動を活発になると思います。

それは、新しい感覚と驚きを経験するからに他ならないからでしょうね。

そして、初めての経験って事で 脳の知覚神経が研ぎ済ませれた状態になるので 細かい情報まで脳が受ける為認識するのに時間がかなり掛かるからでしょうね。

これって、脳にどんな影響を与えるか 良くはわかりませんが 『名前詩』って言うものがあって、名前に詩を書きこんだものなんです。

この詩に想像を働かせるようになれば 少しは感情を沸かすことが出来るので良いかもしれません。

いずれにしても、人の気持ちに左右されるところが多いんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です